アロマの蚊に対する忌避作用

(公社)日本アロマ環境協会のHPに
「アロマの蚊に対する忌避作用」が掲載されていました。

アロテラピーで使用する、レモングラス精油とシトロネラ精油に
蚊の忌避作用があることを実験で確認したとのことです。

 

上記精油を10%以上の濃度で皮膚に塗布し、5分後の忌避作用を計測したところ
どちらも90%以上の忌避作用があることが確認できたとのこと。

また、30分後の忌避率は、レモングラス精油で24.4~95.5%、
シトロネラ精油では12~58%という結果に。

 

注意:AEAJでは、肌に使用する場合の濃度を1%以下で推奨しています。
高濃度で使用すると皮膚刺激となる場合があります。

虫除けスプレーなどを作る際には、使用量や濃度に気をつけて作製しましょう。

また、5分後、30分後の忌避率からも分かるように、
時間が経つと香りとともに、虫除けの効果も消えてしまいます。

精油を使用した虫除けスプレーを使う場合には、こまめに吹きかけることが大切です^^

 

これからの季節、虫除けスプレーは必須アイテム!
植物の香りで作る、アロマの虫除けスプレーは、体験レッスンでもお作りいただけます。

作ってみたい!アロマを体験してみたい方、お気軽にご予約・お問い合わせください。

2017年06月02日 | Posted in Gallery, 今日のアロマ | | No Comments » 

関連記事