残り99%は基材。

アドバイザー対応コースのレッスンレポです。

Mさん、4回目のレッスン
アロマテラピー利用法について。

精油とともに使用する基材について、
また、楽しみ方や使用方法など学んでいただきました。

 

基材とは、精油を希釈する材料のこと。

(公社)日本アロマ環境協会では、ボディで使用する場合
精油の希釈濃度の目安は1%以下と定めています。

残り99%が基材です。

基材にも、それぞれ特徴があり
さまざまな特性や作用があります。

基材選びも、アロマテラピーを楽しむ
重要なポイントです^^

 

そのなかのひとつ、植物油。

各植物油によって、色や匂い、質感など異なります。
手の甲などにつけて、体感していただきました。

 

この回の実習は、その他の基材で学んだ
クレイを使ってクレイパック作り。

精油だけでなく
芳香蒸留水も選んでいただきました。

 

◎クレイパック

ネロリウォーター、カモミール・ローマン

 

芳香蒸留水は、ネロリを選ばれました。

ネロリの香りを気に入っていらっしゃるMさん。

ネロリの香りを楽しみながら
クレイを浸透させていきます。

混ぜるだけで、簡単に作れます。

フェイスパックタイムを
楽しんでくださいね。

 

学んだことを活かして
アロマを楽しんでいらっしゃるMさん。

実践、大切です^^

次回は、今回学んだ植物油などを使って
ミツロウクリームを作ります。

一番人気のクラフトです。お楽しみに♪

レッスン、お疲れさまでした。

 

2017年12月15日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事