ネロリの香りがふわり

先日のアドバイザー対応コースのレッスンレポです。

Aさんの4回目のレッスンは
アロマテラピー利用法について。

精油を使用するときに欠かせない、 基材の種類や特徴、
希釈濃度など学んでいただきました。

 

アロマテラピーには
部屋で香りを焚いて楽しむだけでなく

精油を使ってトリートメントしたり
手作り化粧品を作って使ったり

さまざまな楽しみ方があります。

 

その際に、精油を原液のまま使うことはせず
希釈して使用します。

精油を薄める材料を基材といい、

基材選びもアロマテラピーを楽しむ
大切なポイントです^^

 

基材のひとつ、植物油。

植物油にもそれぞれ特徴があります。
色や匂い、質感、含まれる栄養素など。

実際に手の甲などにつけて
浸透の違いなど体験していただきました。

また、精油1%の希釈をしていただきました。
基材5ml=1滴=1%

実際に「体験する」ことを大切にしています。

 

実習は、基材で学んだクレイを使って
クレイパック作り。

精油だけでなく
芳香蒸留水も選んでいただきました。

 

◎ クレイパック
ネロリウォーター、ネロリ

 

ネロリ&ネロリです。
実習中、ネロリの香りがふわり~^^

パックはその日のうちに使い切ります。

保存はできませんが
混ぜるだけで簡単に作れます。

フェイスパックタイムを
楽しんでくださいね。

 

次回は、今回学んだ植物油などを使って
ミツロウクリームを作ります。

植物油も肌質や好みに合わせて
選んでいただきます^^

レッスンお疲れさまでした。

2018年04月16日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事