炭酸入浴剤、おすすめです。

先日のアドバイザー対応コースのレッスンレポです。
Mさん、3回目のレッスン。

3回目は、精油の基礎知識について。

精油の特性や製造法、植物が精油を作る理由など
学んでいただきました。

 

製造法のところでは、水蒸気蒸留法で製造する際に
同時に得られる芳香蒸留水を紹介しました。

ハーブウォーター、ハイドロゾル
とも呼ばれます。

芳香成分をほんの少し含んだ、お水。

特性や使い方を知ると
アロマテラピーの幅がぐ~っと広がります^^

ローズウォーターをコットンに含ませて
手の甲に塗布していただきました。

化粧水やフェイスパック、
リネンスプレーetc…いろいろ使えます。

精油はちょっとね。というときにも◎

次回は、芳香蒸留水を使って実習をします。

 

今日の実習は、
しゅわしゅわ~と発泡する、バスボム。

 

◎バスボム
サイプレス、ジュニパーベリー、ネロリ、ラベンダー

 

目的からサイプレスとジュニパーを
選ばれました。

サイプレスとジュニパーは
今日のレッスンで学んだ精油。

どちらもヒノキ科の植物です。

そこにネロリとラベンダーを加えて
作られました。

 

レッスンではプラスα加えて
作製いただいていますが

炭酸入浴剤は、重曹とクエン酸で作れます。

重曹大さじ2とクエン酸大さじ1をよく混ぜて
精油を加えて、さらに混ぜれば完成です^^

発泡しているとき=効果がある。と思われがちですが
発泡後、1時間半から2時間、効果があるそうです。

これからは、冷房で身体を冷やしやすい時期。

発泡入浴剤、おすすめですよ。

 

さて、次回は基材についてです。

トリートメントなどに欠かせない植物油、

また、今までの実習で登場した
エタノールや精製水、天然塩、

今日の実習で使用した重曹やクエン酸など
基材について学びます。

活用法もあわせてご紹介します^^

レッスン、お疲れさまでした。

2018年06月29日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事