ハンドのレッスンレポ

今日は、アロマハンドセラピストコース(後半)のレッスンでした。

このコースは、AEAJの専科資格、
「アロマハンドセラピスト」に対応しています。

全5時間の講座です。

 

2日に分けて受講してくださったTさん。

先日は座学2時間。

今日は実習で、トリートメントオイルを作製し、
手浴→ハンドのトリートメント実習でした。

今日もとても楽しいレッスンとなりました^^

 

今日のレッスンレポも
アロマハンドセラピストコースのレポです。

こちらは、先日のレッスン。

受講してくださったのは、はじめましてのIさん。
お仕事に活かしていきたい。とのことでご受講くださいました。

1日で終了されましたが、レポのほうは
前半(座学)・後半(実習)の2回に分けてupします。

 

前半は座学。

座学では、手や腕の解剖生理学、

アロマハンドトリートメントを行うにあたっての
注意事項や準備のしかたなど学びます。

お仕事上、解剖生理学についてはご存知ですので、さらっと。

アロマテラピーは学ばれていない。とのことでしたので

精油を扱う際の大切な注意点についてなどに
時間を置き、お話させていただきました。

 

精油は植物から香り成分だけを取り出したもので
凝縮された状態。

皮膚に使用する際には、薄めて使うこと。

光毒性をもつ精油があることや
体質や体調によって合わない精油があること。

濃度について、トラブルが起きたい場合の対処法など

正しく安全に実践していただくために
大切なことを押さえていただきました。

 

また、使いやすい精油の紹介では
テキストに紹介されている精油の香りを体験していただいています。

そのひとつがラベンダー。
もっとも知られている精油です。

しかし、ラベンダーといっても
いくつか種類があります。

説明よりも先に、香りを嗅ぎ比べてもらいました。

「違う~」

香りが違う。ということは、成分が異なる。ということ。
それは、わたしたちの心や体に働きかける作用が異なるということです。

購入の際には、学名の確認も大切。
ということをお話させていただきました。

 

また、トリートメントに使用する植物油についてでは
3種類の植物油を用意し、

実際に皮膚につけていただき、香りや粘性、肌の浸透性など
体感していただきました。

「先のオイルと浸透が全然違う~」
「ほとんど香りがない」など、感想をくださいました^^

精油と同じで、各植物油によって含まれる成分が異なります。

 

このあとは、トリートメントオイルを作製し、
トリートメントの練習に入ります。

続きは次回upします。

2018年07月25日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事