ハンドのレッスンレポ

前回のアロマハンドセラピストコースの
レッスンレポの続きです。

午後からは実技。

ハンドトリートメントの手技や手順を学びます。

 

まずは、トリートメントオイル作りです。

AEAJでは、ボディトリートメントにおける
精油の希釈濃度の目安を1%以下と定めています。

つまり、精油を100倍以上薄めるということ。

計算式はありますが「5ml=1滴=1%」
これを覚えておけば、すぐに求められます^^

 

Iさんのレシピ
◎ トリートメントオイル(お持ち帰り用):ラベンダー、ゼラニウム
◎ トリートメントオイル(実習用):ユズ、ヒノキ
◎ 手浴:ショウガ

 

実習用と手浴に和精油を選ばれていました。

ヒノキやハッカ、ユズ…
和精油を紹介した際に「こんな精油もあるのですか?」と。

和精油を知っていただくきっかけとなったようです^^

また、ジンジャーとショウガ、違うのですか?と。
良い質問をしてくださいました。

産地で香りは、異なります。

Iさんが手浴に選ばれたのは
ショウガのほうでした^^

 

手浴を体験していただいたら、トリートメント実習へ。

まずはじめに、わたしがIさんに
ハンドトリートメントをします。

受け手となって、体感していただきます。

その後は、ひとつひとつ手技を確認しながら
練習をしていただきました。

手の甲側と手のひら側の圧の加減。
スピート、密着感、つぎの手技へのつなぎ、関節の周り…

気になるところは
何度も練習をしてくださいました。

講座終了後に、明日からやってみます!と。

ご活躍をかげながら応援しています^^
ご受講、ありがとうございました。

 

シュシュでは、
アロマハンドセラピストコースも随時開講しています。

全5時間の受講で、
アロマハンドトリートメントに必要な
知識・技術が身に付きます。

Iさんは1日で修了されましたが
2日間に分けての受講も可能です。

お気軽にお問い合わせください^^

*ご予約・お問い合わせはこちら

2018年07月27日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事