植物油もいろいろあります。

先日のアドバイザー対応コースのレッスンレポです。

Sさんの4回目のレッスンは
アロマテラピー利用法について。

精油を使用するときに欠かせない、
基材の種類や特徴、希釈濃度、

また、楽しみ方など学んでいただきました。

 

アロマテラピーでは、原則として
精油を希釈して利用します。

そのまま使うと刺激が強いため
原液を直接皮膚につけることはしません。

精油を薄める材料を基材といい、

基材の特徴や性質を知ることで
アロマテラピーの楽しみ方がぐっと広がります。

そのひとつ、植物油。

植物油も種類があり、それぞれ特徴があります。
成分はもちろん、色や匂い、粘度など異なります。

テキストに紹介されている植物油を、

実際に手の甲などにつけて
使用感など体験していただきました^^

 

今回の実習は、基材で学んだクレイを使って
クレイパック作り。

 

◎ クレイパック
フランキンセンス

 

今日の精油プロフィールで登場した
カモミール・ローマンと悩まれて、

フランキンセンスを選ばれました^^

今日の精油プロフィールでは
ほかに、レモングラスも登場。

ジンジャーとレモンを混ぜたような香り、と表現されます。

実際に、ジンジャーとレモンの香りブレンドを
体験していただきました。

 

さて、次回は今回学んだ植物油などを使って
ミツロウクリームを作ります。

人気のクラフトです^^

植物油も肌質や好みに合わせて
選んでいただきます。

レッスン、お疲れさまでした。

2018年10月25日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事