ミルラ、マー、没薬。

アドバイザー対応コースのレッスンレポです。

Mさんの6回目のレッスン。
6回目はアロマテラピーの歴史です。

古代エジプトから現代まで、

人と植物の香りとのかかわりを
みていきました。

 

古代エジプトで登場する
乳香と没薬。

フランキンセンスとミルラの香りを
確認しながら、すすめました。

また、ミイラやペスト、大航海時代、香水…

ところどころ小ネタを入れながら
学んでいただきました。

 

今日の実習は
スキンローションです。

◎スキンローション
ミルラ、サンダルウッド、ネロリ

 

毎回、精油プロフィールで学んだ精油を
選んで作られているMさん。

今日は歴史に登場した植物が
中心でした。

その中からミルラを選ばれていました。

この講座の実習でミルラを選ばれたのは
Mさんがはじめてかも。

香りがちょっと個性的。
選ばれる方、なかなかいらっしゃいません。

ミルラとサンダルウッド、
そしてネロリで作られていました。

香りを嗅がせていただいたのですが
これがとてもいいのです。

お顔に使うものなので
香りはとても大事。

香りも作用もどちらもスペシャルな
スキンローションができあがりました^^

 

今日は6回目ということで
香りテストの対策も。

さて、次回はいよいよ検定試験範囲
最後の回、環境と法律です。

レッスン、お疲れさまでした。

※Mさんは2015版のテキストですすめていらっしゃいます。

2019年04月10日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事