だれかのために、精油を選ぶ

アドバイザー対応コースのレッスンレポです。

Aさんの4回目のレッスン。

4回目は、アロマテラピーの歴史と
アロマテラピーに関係する法律についてです。

 

歴史では、古代から現代まで
人と植物、香りとのかかわりをたどります。

ミイラ作り、ペスト、大航海時代、香水…
時代ごとのエピソード、小話を交えながら

その時代の人たちは
植物、香りをどう利用してきたのか

深めました。

 

また、後半では法律について。

アロマテラピーそのものを規制する
法律はありませんが

楽しむ際に気をつけるべき法律が
あります。

薬機法、医師法、あはき法など。

トラブルを回避するために

かかわる法律の概要、気をつけるべき点を
学んでいただきました。

 

今日の実習はミツロウクリームです。

子ども用にと作られました^^

 

◎ミツロウクリーム
フランキンセンス、ベンゾイン

 

植物油とミツロウでつくる
シンプルなレシピですが

植物油とミツロウの比率を変えることで
好みの硬さに調節可能です。

また、精油を変えれば
虫刺され、肩こり、肌荒れクリーム…

いろいろなクリームが作れます。

お子さんの肌質、好みから
精油、植物油を選ばれました^^

学んだことを活かして
家族、身近なひとのために

精油、植物油を選び、ケアに役立てる。

 

また、前々回の実習では
トリートメントオイル作りでした。

Aさんからこんなお話を。

「たくさんの量があったので妹とシェアして
ハンドのトリートメントをしました」

と、話してくださいました。

シェアして。
香りとトリートメントを一緒に楽しむ。

いいですね^^

 

さて、今回で試験範囲終了。

座学に入るまえには、香りテスト対策を。

また検定対策用に、検定と同じ形式&問題数の
プリントをお渡ししました。

問題を解いてみたり、
テキストで復習してみたり。

購入いただいた精油キットで
香りを嗅いで香りテスト対策してみたり。

スキマ時間を利用して
がんばってください。

2019年07月29日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事