11月検定に向けて

11月検定に向けての

アドバイザー対応コースのレッスンが
新たにはじまりました。

今日の生徒さんは
フリーでの受講です。

 

初回のレッスンは
アロマテラピーのきほんの「き」、

アロマテラピーに欠かせない
精油について。

精油の性質や部位と精油の関係
抽出法、

また最後には
環境との関係をお伝えしました。

 

植物の部位の役割と
精油の関係は

追加された内容ですが

この考え方を知っておくと
精油の選択に役立ちます。

抽出法では、主に3つの抽出法を中心に
みていきました。

そのひとつ、水蒸気蒸留法。

精油を抽出する際に
同時に芳香蒸留水が得られます。

Rさん。ローズウォーターを
化粧水に使っているとのこと。

そのほかの使い方を紹介しました。

芳香蒸留水は精油とちがい
そのまま使えることができるのが◎

精油はちょっと…というときにも^^

 

検定で学ぶ精油は30種類。

科名、抽出法、抽出部位。
これは、覚えてほしい項目です。

できるだけグループに分けて
4回にわたってお伝えしています。

使いやすく、覚えやすくなるかなと^^

 

実習はアロマスプレーとバスソルトを
作製いただきました。

座学で学んだ
精油の性質をもう一度確認。

水に溶けにくい性質。

だからこそ
作るときには順番が大事です。

安全に楽しむために。

理由がわかれば
作り方を間違えることもありません。

 

◎ アロマスプレー:ティートリー、サイプレス、グレープフルーツ
◎ バスソルト:カルダモン、スイートマージョラム、ローズマリー

 

同じ作り方で、精油を変えれば
用途に応じたいろいろなスプレーを作れます。

リフレッシュ、安眠、
虫除け、風邪予防など。

 

前回と今回11月の試験は
新旧両方のテキストから出題されます。

ちょっとラッキーな回。

効率よく試験勉強をしていただけるよう
そのあたりもお話しています。

次回からは、スキマ時間にできるような
検定対策のプリントもお渡ししていきます。

全5回。よろしくお願いします。

クラスは来週からスタートです。

2019年08月13日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事