真夏日と香り

薬箱レッスンのレッスンレポです。

Yさんの4回目のレッスン。

レッスンに入る前に
Yさんからこんなお話をいただきました。

「今日、ペパーミントの香りを楽しみながら
こちらに来ました。」と^^

学んだことを実践して
役立ててくださっているお話は

なにより嬉しいです^^

 

さて、4回目のテーマは健康です。

風邪や便秘などに
基本の5種類の精油をどのように使うのかを

学んでいただきました。

 

かぜをひかない工夫、
初期対応が大事。

ということをお伝えしたうえで
ケアの方法をみていきました。

夏でも夏風邪と聞くくらい
冷房のかけすぎで喉が乾燥したり

冷房と外気との温度差で風邪をひくことも。

どの精油をどのように使うのか。

注意点、ケアのポイントを含め
お伝えしました。

 

今回のアロマテラピーの基礎では
呼吸器のルートを。

前半のケアの方法と重ねて
みていきました。

鼻から入った成分は
呼吸器にも取り込まれます。

きちんと使えば、
呼吸器系のケアに役立ちます。

薬箱レッスンの名のとおり

いざ。というとき
5種類の精油が役立ちます。

 

実習はバスソルト。

Yさんは、ハッカとのブレンドで
作られました。

夏の時期、ハッカやミントは人気。

香り選びにも季節感があります。

実習では天然塩を使いましたが
基材を変えて楽しんでも◎

今日の気分や体調に合わせて
精油を選ぶ。基材を選ぶ。

5種類の精油で十分楽しめます^^

 

次回は、むくみやこりについてです。
もちろん、基本の5種類で。

レッスン、お疲れさまでした。

2019年10月18日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事