使う精油は5種類のみ

先日、新たにおひとり
薬箱レッスンをスタートされました。

 

アロマテラピーに欠かせない、精油。

どんな使い方をしていますか?

香りを焚いて楽しんでいます。と
お答えいただくことが多いのですが

精油は香りを楽しむ以外にも
もっといろいろな使い方ができます^^

心のケアや体のケア、スキンケア、ヘアケア
ハウスキーピングにも、精油は役立ちます。

 

たくさんの種類の精油が
販売されていますが

薬箱レッスンで使う精油は
基本の5種類のみ。

もちろんいろいろな種類の精油を
揃えるのも楽しいのですが

おうちでのケアであれば
基本の5種類で十分まかなえます。

その5種類の精油をどのように使うのか、
実習を交えながら、お伝えします。

 

初回のテーマは傷。

小さな傷、トラブルのための
アロマテラピー。

すり傷や軽いやけど、虫さされ…

日常のなかで起こりうる
小さなトラブルに

どの精油をどのように使ってケアするのか。
学んでいただきました。

 

講座のなかで

なぜ、この精油なのか
なぜ、この濃度なのか

なぜ、この作業が必要なのかなど
理由もお伝えします。

理由が分かれば
使い方を間違えることもありません。

精油は植物の香り成分を
高濃度に含有したもの。

使い方を間違えれば
トラブルにつながります。

トラブルなく、
きちんと精油が使える。

基本をしっかり身につけます。

そして、今日のレッスンのなかでも

アロマでできること
アロマでできないことも

お伝えしました。

いろいろなことに役立つアロマですが
範囲内のこと、範囲外のことを

知っておくことも大事です。

 

今日の実習では
ボディスプレーを作製いただきました。

5種類の精油のなかから
好きな精油を選んで作ります。

ここでも、基材の役割、
精油の滴数、順番の大切さなど

お伝えしました。

できあがったものは
お持ち帰りいただけます。

使って楽しむこと。
体感するこもとても大事です。

 

さて、次回は心のケアについてです。

心のケアも、基本の5種類で。
ケアする方法をお伝えします。

全6回の講座、楽しく学んで
身につけていきましょう。

 

2020年01月13日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事