4回目は歴史と法律

先日のアドバイザー対応コースのレッスンレポです。

Rさんの4回目のレッスン。

4回目はアロマテラピーの歴史と
法律についてです。

 

アロマテラピーという言葉が誕生したのは
20世紀前半のことですが

人と植物、香りとの関係は
ずっとずっと以前からありました。

古代エジプト時代から現代まで
約5000年、

時代ごとのエピソードを交えながら
振り返ります。

乳香、没薬、ミイラ作り…
スパイス、ペスト、ケルンの水、香水など

ときおり、少し脱線?しながら
お伝えしました。

 

テキスト、最後のコンテンツは
アロマテラピーに関わる法律について。

思わぬトラブルにつながることがないよう
アロマテラピーを楽しむうえで

知っておくべき法律の概要、

事例をみながら気をつけるポイントを
学んでいただきました。

 

実習はミツロウクリームです。

ミツロウと植物油でつくる
シンプルなクリームですが

比率を変えることで固さの調節ができます。

 

◎ ミツロウクリーム:フランキンセンス

 

また、精油を替えることで
虫刺され、肩こり、フェイスクリーム…

いろいろなクリームが作れます。

 

試験範囲まで終了。

今日は、模擬テストのプリントを
お渡ししました。

実際の検定と同じ形式で70問。

苦手なところ、傾向が見えてきます。

また、今日のレッスンのはじめには
香りテストの対策を。

似ている香りを
自分なりに落とし込みます。

香りも少しずつ
覚えていきましょう。

香りはリラックス、
リフレッシュにも役立ちます。

ちょっと勉強が行き詰まったとき
香りテスト対策に切り替えるのもありです。

がんばりましょう^^

 

2020年02月06日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事