森林の香り

アドバイザー対応コースの
レッスンレポです。

Mさんの2回目のレッスン。

2回目は安全性と基材、利用法についてです。

 

教材に発泡スチロールを用意。

ちょっとした実験をしました。

前回学んだように
精油は植物から香り成分を

取り出したものですが

植物に含まれているときよりも
高濃度に凝縮されています。

そのため、使い方を間違えると
トラブルにつながります。

取り扱い方や注意事項など
発泡スチロールの実験も交えて

精油を安全に使うために
学んでいただきました。

 

後半では、基材について。

トリートメントやクリームを
作るときに使われる植物油、

前回の実習で使用した
エタノールや精製水、天然塩といった

水性、その他の基材について
お伝えしました。

基材を知ることで
アロマテラピーの楽しみ方がより広がります^^

 

今日の実習は、手浴と
トリートメントオイル作りです。

植物油も選んでもらいました。

植物油もそれぞれ
香りや粘性、色、構成成分が異なります。

目的や使用感に合わせて選びます。

 

◎ 手浴:ジュニパーベリー、クラリセージ
◎ トリートメントオイル:サイプレス、ベルガモット

 

ジュニパーベリー、サイプレス。
同じヒノキ科の精油。

どちらも森をイメージさせる成分が
含まれています。

 

前回のバスソルト、アロマスプレー、
今回の実習。

どれも基本は混ぜるだけ。

簡単に作れて
材料もシンプルです。

その日の気分で精油を選んで
作って使う。

手作りだからこその楽しみ方です。

生活に取り入れて
幅を広げていきましょう。

 

次回はアロマテラピーのメカニズム、
美容と健康についてです。

メカニズムを知ることで
精油をより効果的に使えるようになります。

レッスン、お疲れさまでした。

2020年03月05日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事