新テキストでスタート

先週のアドバイザー対応コースの
レッスンレポです。

6月に改訂されたテキストで
新たにおひとり、

アドバイザー対応コースをスタートされました。

次回、11月の検定を目指します。

 

初回のレッスンでは
アロマテラピーの基本のき、

アロマテラピーの基本となる
精油について学びます。

精油とは?
精油の特徴的な性質は?

精油はどうやって作られるのか?
を中心に深めます。

 

精油の4つの性質では
試験的にも大事なところですが

精油を正しく使いこなすためにも
ここを理解しておくことは、とても大事。

今日のレッスンで
ちょっとした実験を。

ビーカーに精製水を入れ
色のついた精油を垂らしてみました。

精油は親油性、または脂溶性。

水に溶けにくい性質があります。

机上だけでなく
実際に体験いただくことを大切にしてます。

この知識をふまえたところで
今日の実習では

アロマスプレーと
バスソルトを作製いただきました。

なぜ、この順番なのか。

なぜ、この材料を使用するのか。

理由を知っておくことで
安全に、また応用もできるように。

座学と実習とで

アロマテラピーの基本を
しっかり身につけます。

 

アロマスプレーは
リラックス、リフレッシュはもちろん、

虫よけ、ファブリック、マスクスプレーなど
いろいろ活用できます。

Sさんは、ユーカリグロブルスと
青みかんでスプレーを作られました。

お持ちの方は
ブレンドをお試しください^^

 

バスソルトでは
シソ科の精油でブレンドされていました。

今日の精油プロフィールは
シソ科とフトモモ科。

学んだ精油を実習で使っていくのも
オススメです。

今日、どんな入浴剤で楽しみたいか、

目的を考えながら
精油を選んでいただきました。

香りからの選び方、作用からの選び方
実際に精油を選び、使うことで

どんどん深まっていきます。

今日の座学では
抽出部位と精油の関係も。

これも精油選びに役立ちます。

 

次回は、安全性や楽しみ方
楽しむ際に役立つ素材について学びます。

楽しみ方の幅をぐっと広げます。

 

 

 

2020年06月26日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事