薬箱レッスン、スタート

薬箱レッスンのレッスンでした。

こちらの講座は、全6回。

全6回を通して、使う精油は
基本の5種類のみ。

ラベンダーベラ、ローズマリー・シネオール、
オレンジ・スイート、青森ヒバ、ハッカ。

基本の5種類の精油でケアする方法を
お伝えします。

 

お越しくださったのは、
ハンドをご受講くださったYさん。

2コマずつのご受講です。

昨日は、1回目と2回目。
テーマは、「傷」と「心」です。

「傷」では、すり傷や軽いやけど
虫刺され、打ち身。

日常で起こりうるこれらの小さな傷に
どのように精油を使ってケアするのか、

実習を交えながら、お伝えしました。

 

また、なぜこの精油が役立つのか?
順番、滴数、基材。

アロマでできること、
範囲外のこと。

理由を知り、きちんと正しく
アロマを役立てていただくために

お話しました。

 

後半、「心」では
実習からのスタート。

5種類の香りを実際に嗅ぎ
日常で起こりうる感情を想定して

役立てれるかどうか、体験します。

例えば、不安にも
理由がある場合、ない場合。

落ち込みにも度合いの違いによって
変わります。

役立つ、そうでない
ケースバイケース…

いまの自分の状態でチェックを入れ
シェアをしました。

 

精油は、ブレンドすることも可能。

5種類では難しかったことが

ブレンドすることで
カバーすることができることを

これも実習で体験します。

5つのブレンドを作製し
香りの変化を書き留めていただきました。

ブレンドすることで
香りの変化を感じたり

各精油によって
1滴の香りの強さが異なることを体感します。

また、同時に

単品では足りなかったものが補えたり
苦手な香りを使えるようになったり。

心のケアに使うとき

どのように精油を選び、ブレンドするのか
実習を通して学んでいただきました。

 

次回は、スキンケアやヘアケア、
また風邪の時期など

「美」「健康」をテーマにお伝えします。

 

 

2020年07月13日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事