和精油講座のご案内

いま注目の和精油を学んでみませんか?

アロマテラピーという言葉が誕生したのは
20世紀初頭のことですが

香りの利用はずっと以前からあった…
というお話を

基礎の講座、

アドバイザー対応コース薬箱レッスン
お伝えしています。

 

日本においても

香りを楽しむ、
精油を抽出することは

いまになって始まったことでなく
以前からありました。

 

和精油講座では

和精油のなかでも使いやすく役立つ
10種類の精油を紹介しています。

各精油の主要成分や使い方、

また原料植物について、歴史、ストーリー
暮らしにどのように使われてきたのか、など

訪れた蒸留見学のお話も盛り込んで
お伝えします。

 

ヒノキやユズ、ハッカ。

日本人なら誰でも知っている
これらの香り。

ほとんどの方が和精油の香りを嗅いだ時
ほっとする、とおっしゃいます。

先日、和精油講座をご受講いただいた方から
(薬箱レッスンの修了生です)

「つい、和精油のほうに手が伸びてしまいます」
というお話をいただきました。

前半では、実習でスキンローションを
作製いただいています。

いま使っている手作りのスキンローションと
朝と夜、どちらか変えて使ってみては?と提案しました。

朝のほうが良いか、
夜のほうが今の自分に合っているか

香りとともに使用感を
体感してみてください、と。

そのお返事が
先ほどの言葉だったのです。

 

日本の香り。和精油。

和精油がより好きになった、
使っていきたいというお声も。

ご紹介する10種類は

トドマツ、ハッカ、青森ヒバ、クロモジ
スギ、ヒノキ、コウヤマキ、ユズ、クスノキ、ゲットウ。

わたしにとっても
欠かせない、10種類です。

 

和精油を暮らしに取り入れていきたい
また、精油の幅を広げたい方

お待ちしております。

*ご予約・お問い合わせはこちら

 

 

 

2021年01月18日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事