和精油講座のレポ

ずらりと並んだムエット。

 

2月は逃げる、なんて言いますが
ほんとうに早く感じます。

2月末提出課題を、先ほどやっと提出し
ブログにスイッチが入りました。

前回のブログから少し間が空いてしまい
ごめんなさい。

 

今日は今週開講した和精油講座(後半)の
レッスンレポを。

和精油講座では、ユズやヒノキ、ハッカなど
使いやすく役立つ10種類を紹介しています。

後半ではヒノキから6種類の精油の成分、使い方、
また原料植物の歴史的背景、

暮らしにどう使われてきたのかなどを交えて
お伝えします。

ここを知ることで、
その精油、香りにより親しみが持てるようになりますし

その精油を紹介する際の引きだしが増えます^^

 

レッスンは、まずは香りから。

香りを楽しみながら、レッスンをすすめます。

希少な根元から抽出されたヒノキ、
枝葉から抽出された精油との嗅ぎ比べ。

同じ木部でも、根元の部分とでは
香りに違いが。

枝葉は主成分も異なります。

スギ花粉で避けられがちなスギは
香りを嗅いでみると、さわやかな香りに驚きます。

また、使い方を知ると
日常に使いたくなる精油です^^

一度嗅ぐと忘れない香り。

ヒノキと同じくらい
暮らしになじんだ安心感のある香り。

同じ学名の精油との嗅ぎ比べ…

10種類のみでなく、
比較精油と嗅ぎ比べていただいたり

ブレンドを楽しんでいただいたり。

日本の精油は柑橘も多いのですが
タチバナや青ミカン、イヨカンなども

試していただきました。

それゆえに、ムエットがずらりと並びます^^

 

後半も実習をします。

後半では日本特産の椿油を使って
トリートメントオイルを作製いただきます。

10種類最後に紹介した月桃、
ユズ、スギを使って作られていました。

今回受講されたYさんは
薬箱レッスン修了者。

椿油でのトリートメントは体験済みなのですが
和精油の香りを楽しんでいただき

また、暮らしに活かしていただきたいです。

 

おまけ。

使用済みムエット。

みなさん持ち帰られます。

わたしは、そのあとガラス瓶にさして
香りディフューザーとして少し楽しみます。

こんなに香りが混ざっても
意外と不快な香りにならないのです^^

 

 

 

 

2021年02月26日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事