試験範囲まで終了

アドバイザー対応コース、
4回目のレッスンが続きました。

4回目はアロマテラピーの歴史と
関係する法律についてです。

 

アロマテラピーという言葉は

20世紀初頭、ガットフォセによって
つくられた言葉ですが

わたしたち人は古来より

植物、香りを儀式や医療、美容に、
くらしにと幅広く活用してきました。

古代エジプトから現代まで。

エピソードとともに
アロマテラピーの背景をたどります。

 

試験範囲、最後のチャプターは
アロマテラピーに関わる法律について。

アロマテラピーそのものを規制する法律は
ありませんが

アロマテラピーを楽しむ際に
気をつけるべき法律がいくつかあります。

薬機法、自己責任、医師法など

事例をみながら、お伝えしました。

 

今回の実習では、ミツロウクリームを
作製していただきました。

ミツロウと植物油のみで作る
シンプルなクリームです。

シンプルながらも

精油を変えるだけで
さまざまなクリームが作れます。

肩こり、肌荒れ、虫刺されなど
目的別のボディクリームに、

また、フェイスクリーム、リップクリーム、
ヘアワックスにも。

人気のクラフトです。

Rさんは目的に合わせたフェイスクリームに

Sさんはジャスミンとグレープフルーツの
ブレンドで作られました。

 

アロマスプレーからはじまり
毎回、クラフトを作製してきました。

なぜこの順番?なぜこの滴数?
なぜその精油、植物油?

精油の使い方、素材の特徴など
実習をとおして深めていただきました。

 

試験範囲までのレッスンは終了。

2回目から試験対策プリントを
お渡ししていますが

今回は、実際に受けていただく検定と
同じ形式、同じ問題数で作製した

模擬テストです。

お時間あるときに
チャレンジしてみてくださいね^^

 

次回は修了回、
アドバイザー認定講習会です。

 

 

 

 

 

 

 

2021年03月16日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事