和精油講座のレッスンレポ

和精油講座(後半)のレッスンレポです。

 

和精油の講座ではタイトルのとおり
日本で古くから自生する植物、

わたしたちの生活になじみのある植物から
作られる精油を紹介しています。

そのなかでも使いやすく役立つ
10種類を2回にわけてお伝えしています。

後半でご紹介する和精油は、以下の6種類。

ヒノキ、スギ、コウヤマキ、ユズ、
クスノキ、ゲットウ。

 

ヒノキでは、木部から抽出された精油と
枝葉から抽出された精油、

ちょっと珍しい、根元から抽出された精油と
嗅ぎ比べをしていただきました。

同じヒノキでも香りから受けるイメージは
異なります。

 

次のスギ。スギは葉からの抽出。

ヒノキでは木部の精油が圧倒的に多いのに比べ
スギは葉。(背景もお伝えします)

スギ花粉のイメージで
避けられる方もいらっしゃるのですが

花粉のイメージを横に置いて
一度嗅いでみてほしい精油のひとつ。

一言で言い表すなら、さわやか。

日常使いの香りとして、おすすめです^^

 

このレッスンでは、まず香りから。

感じたことを共有したり
香りの経過を見てみたり、ほかの香りと重ねてみたり

香りをまた確認してみたり。

香りと向き合いながら

原料植物について、
どのように暮らしに使われてきたのか、歴史的な背景

また精油の背景なども交えて
各々の成分、使い方をお伝えしています。

精油、だけでなく
もととなる植物全体について知ることで

さらにその精油に対して
深く知ることに繋がりますし

だれかにお伝えするときにも役立ちます。

 

後半の実習はトリートメントオイル。

使用する植物油は
日本特産の椿油。

椿油についても、少し紹介します。

精油は目的に合わせてお好きな精油を。

今、ほしいなと思うトリートメントオイルを
お作りいただきました。

 

レッスンで使用したムエット。

よろしければお持ち帰りくださいと
お伝えしています。

気に入った香り、
手元に置いておきたい香りを見つけたり

復習する際にも役立つと思います。

簡易リードディフューザーとして
ちょっと香りを楽しむのもおすすめ。

あれだけいろいろな香りが集まっても
意外と交わっていい香りです。

 

 

 

 

 

 

2021年05月14日 | Posted in Gallery, 教室シュシュ | | No Comments » 

関連記事